アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
世間の片隅で(新宅)
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
目覚めよ、民進党、心があるのならば
民主党支持者だった娘ムコ殿は「民進党は間違いであり、正しくは眠進党であり、いつか目を覚ますだろう」と力弱げにつぶやいていた。 我が家の長男は「目がついていないんだから無理だろう?」 私には今の政治家はどこを見ているのか、さっぱりわからない。 しかし、北海道5区の補選結果を見て、なんとなくわかったような気がしたので、今日は備忘録として久しぶりにブログで遊ぶことにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/30 00:56
豚もおだてりゃ木に登る
いまさらSEALDsがどーのなんてアレなんだけど、私は彼らの主張が全く理解できない。彼らの言う民主主義とは共産主義革命の亜流のように思えるし、私の思う民主主義とは対極にある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/01 19:07
日本丸は何処へ行く?
日本丸は何処へ行く? 民主党支持者の娘ムコ殿は「小沢さんが総理になったら日本は変わる」と熱弁を振るっていた。しかし今年の我が家の新年会では青菜に塩、かわいそうに。 “生活の党と山本太郎となかまたち”・・・・だもんねぇ・・・ そのショックから立ち直れないのに、SEALDsのデモに参加して・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/03 23:50
集団的自衛権とは,これだ!by小西洋行
集団的自衛権とは,これだ!by小西洋行 安保法案を戦争法案と呼び、それが成立すると日本はすぐにでも戦争することになり、日本はたくさんの死傷者がでて70年前の悪夢が再来するという。 このマイナス思考が私には理解し難く、呆れ返ってひっくり返っていた。 あ〜あ・・・憂鬱・・・と嘆いていたら国会で乱闘騒ぎがあったという。 火事と喧嘩は江戸の華じゃないけれど、野次馬の私は興味津々で、その状況をネットでググて見たら、なんとなんと我がアイドル憲法オタクの小西議員がヒゲの隊長にグーで横っ面を張り倒されている。 http://www.livet... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/20 07:47
ポツダム宣言と立憲主義
2007年8月に安倍総理はパール博士とチャンドラ・ボーズの子孫と面会をした。 「東京裁判は無効」とでも言うのだろうか?そして原爆投下を非難するのか? 何とも危うげな歴史修正主義者のバカ殿と私はレッテルを貼った。 慰安婦問題をメジャーにしたのは彼とそのお友達だし、彼はジャパンハンドラーズの手のひらで踊っているようにも見えたし、彼の言う集団的自衛権は個別でも対応できるようにも思えたし、安倍総理で改憲したら、自衛隊はアメリカの傭兵になってしまうから、九条というお得なツールはそのままで良いと思って... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/25 18:53
古賀騒動と報道の自由(備忘録)
その昔、「楽しくなければテレビじゃない」と某TV局は言ったそうな。 いつの頃か、私はニュース番組は見るけれど、キャスター&コメンテーターの報道番組とやらを見なくなったし、ドラマは録画してCMを飛ばして見ている(スポンサーさんごめんなさい) しかし、一連の古賀騒動は興味津々・・・だけど古賀さんは、何が言いたいのか私にはさっぱりわからないし、好意的に見ていた長谷川豊さんのブログも<これは言いすぎだろう>と思う。 >放送法の4条には ・嘘を言っちゃいけないですよ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/04/24 16:58
続、無知の無恥について想うこと
<『「無知の無恥」 行き着く先 国際的孤立』> を読んで、私は頭を抱えてしまった。日本の教育はどーなってるだい? それで<無知の無恥について想うこと >という私見を書き真魚さんにトラックバックを差し上げたら、とても丁寧なコメントが書かれていた。 一読してもよく分からず、何度も何度も読んで、もしかしたら・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/14 16:46
無知の無恥について想うこと
<『「無知の無恥」 行き着く先 国際的孤立』> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/03/11 08:09
どうして解散するのですか?“事件”について思うこと
小学4年生の中村君が「どうして解散するのですか」というサイトを作り、衆議院解散に疑問を投げかけたが、それがなりすましで、本当はNPO法人代表の大学生(20歳)の青木大和さんと分かり、炎上したそうだ。その後代表辞任。 >「批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為」と、安倍総理は自身のフェイスブックで批判したそうだ。 これは器量の狭さの表れであり、尊大で傲慢、これを正しい日本語ではケツの穴が小さいという。 多少のやりすぎはあったけれど、騙されたフリをして、小学生でもわかるようなお洒落な回答... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/29 23:39
こんな日本に誰がした>安倍総理
こんな日本に誰がした>安倍総理 60年代後半に学生だった私は、学生運動をする人たちの思想を受け入れることができなかった。「権力に歯向かう自分たちは正義である」なんて自己陶酔であり、戦争ごっこであり、親に甘える反抗児に見えるし、何よりも暴力や違法行為は断じて許容できない。団塊の世代は全共闘世代とレッテルを貼る人がいるけれど、そんな流行りものに背を向けて眉をひそめた人は沢山いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/10/31 15:46
心模様(朝日新聞の一読者)
朝日叩きが醜いねっ! 釣りキチの夫は「もうスポーツ新聞だけにして、朝日はやめちゃえば?」という。 そうだねぇ・・・私はネットで各社のニュースを見ているし、新聞紙は母の汚れたおむつを包む時には重宝だったけど、他界して今は2紙の購読は無駄かも? と思っていたら夫は「朝日をやめちゃうとチョット寂しい気がするし、叩かれている時に切るのは人情として気が引ける。」判官びいき ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/16 18:56
羊の衣をまとう狼たち
安倍総理とその御仲間たちの、まるで大日本帝国の参謀の霊が乗り移ったかのような言動に私はうんざりしている。 集団的自衛権を行使する閣議決定は、伝家の宝刀を捨て去るような疑いを持たれることであり、誠にもったいない。 今こそ護憲派&革新政党の力強い声が必要なときなのに・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/08/19 15:34
解釈次第で・・・どうにでもなるものです。
<戦争を防ぐには「戦争のできる国」にならない> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/17 21:53
あるがままに・・・・
寄る年波には勝てず、体力、気力、知力の衰えは感じているのに、好奇心だけは衰えを知らず困ったものです。 あれから私も真魚さんの言う自主独立とはどのようなものか考えながら、あなたのブログを拝見していましたが、理解できません。10年のネットライフで、あなたのブログは一番難解であり、私に考えることをさせてくれました。ボケ防止、感謝。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/11 10:43
「安倍総理の集団的自衛権について想うこと」part2
<安倍総理の集団的自衛権について想うことpart1 > ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/31 18:08
安倍総理の集団的自衛権について想うことpart1
<【全文】「再び"戦争をする国"になることは断じてありえない」集団的自衛権について安倍総理が会見> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/26 17:16
“お里が知れる”田母神応援団
<ヒトラー生誕パーティー呼びかけ/田母神氏の支援者> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/15 17:38
従軍慰安婦問題その他(私見)
旧日本軍を賛美することが日本人の誇りを取り戻す・・・というようなブロガーを知り、その真意を知りたくて沢山の記事を読んだけど、何だか(´∀`*)ウフフ だった。 でもその記事の中でのコメント欄で真魚さんの発言を見て、良くも悪くも昭和20年、30年代の逞しい日本人の描写に好感を持ち、愛読するようになった。しかし ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/28 23:35
総理の靖国参拝について
<時論公論 「安倍首相靖国参拝の波紋」> ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/17 15:57
病院は延命と救命をする場所です。
<欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか > ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/28 20:12

続きを見る

トップへ

月別リンク

世間の片隅で(新宅)/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる